看護部の教育 « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院
ホーム > 病院概要 > 看護部 > 看護部の教育

病院概要

看護部

看護部の教育

看護部の教育理念

 専門職業人として、高い倫理観を持ち、高度な専門的知識・技術・判断に基づいた
看護が行える自律した看護師を育成します。

 教育理念に基づき、和歌山病院看護職員教育研修計画を立案し、集合研修及び各部署における機会教育を行っています。各個人のキャリアニーズの実現に向けた支援も行っています。
 各部署での看護職員の教育支援体制は、プリセプター制度を採用し、ゆっくりと慣れていただけるように配慮しています。

(1)経年別研修

 卒業後、1年目〜5年目までの看護師を対象にした研修で、国立病院機構看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)に基づく、プログラムです。5年目までの看護職員には、院内留学制度があり、所属部署を離れて希望する看護単位で、指導のもと2〜3日看護実践ができます。6年目以上看護師には、意向調査を踏まえて計画する研修の中から、希望する研修を選択して受講することができます。

研修場面

① 新採用者オリエンテーション(採血・注射/ME機器の取り扱い)


② 新人研修(BLS・AED操作)



リフレッシュ研修
リフレッシュ研修、お店の前 リフレッシュ研修、神社の前


④ 新人研修(ACLS)[和医大スキルスラボで研修]


⑤ 2年目研修(ケーススタディ発表)


⑥ 3年目研修(看護研究発表)


⑦ 4・5年目研修(急変時の対応・リーダーシップ)

(2)和ACTyコース

 和歌山病院で、理論と技術を持って創造し、行動する職員を育成するコースで、全職員が対象となります。政策医療に関することや、チーム医療・看護技術など、専門的な知識や技術を紹介し、学びあうプログラムです。


① 和ACTyコース(循環器疾患患者の看護)


② 和ACTyコース(逝去時の看護(エンゼルメイク))


ページトップへ