入寮している看護師からのメッセージ « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院
ホーム > 医療関係者向け情報 > 職員募集 > 入寮している看護師からのメッセージ

医療関係者向け情報

職員募集

入寮している看護師からのメッセージ

 私は、専攻科を卒業するまで自宅から通学しており、家事のほぼ全てを親に頼って受けていました。その為、就職する際には、
 ①実家より離れること、
 ②自分自身で、自立した生活をすること、
以上を条件として宿舎入居を希望しました。
 和歌山病院の宿舎はワンルーム形式で、病院の敷地内にあり通勤にとても便利で、アパートを借りるよりも非常に経済的で、何より綺麗な建物で快適に生活しています。親に助けてもらえない分家事も積極的に自分で行なっていますが、失敗にも楽しさを感じるようになりました。
私生活と仕事のメリハリを保ちながら楽しく生活しています。
 和歌山病院への就職を決めた理由の一つに、姫路を離れるにあたり「宿舎がきれいであること」「設備が整っていること」「病院の敷地内に宿舎があること」をあげました。
 そして、寮での生活も2年目になりましたが、生活してみると病院周辺は静かで、のんびりできるし、生活圏内には複数のスーパーや家電量販店等があり買い物も便利、また、施設に隣接して風光明媚な『煙樹ケ浜』があり散歩をしたり好きな魚釣りを楽しんだりと、快適な日々を送っています。
 通勤時間5分は「本当に入寮してよかった」と思っています。勿論、蓄積したエネルギーは仕事にも十分に活かしています。


ページトップへ