リハビリテーション科 « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院

病院概要

院内の組織および各部・科紹介

リハビリテーション科

診療モットー

 安全で適切な理学療法・作業療法・言語聴覚療法を提供する。

スタッフ


主な対象患者様


診療内容

 これらの患者様に対し、医師の処方に基づきそれぞれの障害を評価し、目標を達成するために、それぞれ理学療法・作業療法を実施しています。
 例えば、慢性呼吸器疾患患者様では、息切れ・呼吸困難感の軽減、動作能力の改善を目標に、また、在宅酸素療法導入パスに合わせて理学療法・作業療法などを実施しています。

 胸部外科の患者様では、手術前後の呼吸理学療法や術後の日常生活活動の獲得を中心に理学療法・作業療法などを実施しています。

 重症心身障害児(者)様では、日常生活における姿勢管理や二次障害の予防、座位姿勢保持椅子の検討などを他部門と協力しながら実施しています。

理学療法

 理学療法では、起きる・坐る・立ち上がる・歩く・階段昇降などの基本的動作能力の獲得を目標に、厚生労働大臣より免許を受けた理学療法士が医師の指示の下にこの業務にたずさわっています。当院では、運動療法を実施する際、関節包内運動を考慮した痛みを極力少なくする方法を取り入れて実施するように努力しています。

作業療法

 作業療法では、食事動作・排泄動作・更衣動作・入浴動作・整容動作などの応用的動作能力の獲得を目標に厚生労働大臣より免許を受けた作業療法士が医師の指示の下にこの業務にたずさわっています。

言語聴覚療法

 言語聴覚療法では、「しゃべりにくい」「聴いても理解できない」といったコミュニケーション障害や、食べたり飲んだりが上手くできなくなるといった嚥下障害を持った方が対象となります。必要に応じて機能回復・維持を目的とした訓練・指導・助言等を、医師をはじめとする他の医療スタッフと連携を図りながら専門的に行います。

施設基準


リハビリテーション 写真1 リハビリテーション 写真2


ページトップへ