テスト放射線科 « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院
ホーム > Uncategorized > テスト放射線科

Uncategorized

テスト放射線科

概要

 当院放射線科は、呼吸器疾患や神経難病疾患に対応するため高エネルギー放射線治療をはじめMDCT(80列CT)、核医学検査装置を有しております。高エネルギー放射線治療装置では、この地域唯一であり悪性腫瘍に対して位置及び処方線量を精度高く治療を行っています。高エネルギー放射線治療装置はこの地域唯一であり、悪性腫瘍に対して位置及び処方線量の精度を高く治療しています。また、放射線治療装置の精度管理は放射線治療品質管理士によっておこなっています。MDCTでは、呼吸器疾患の診断に用い画質は高く維持しながら、低線量で被ばくを抑えた撮影をしています。また核医学検査では癌転移の有無を見る全身骨のスクリーニング検査や脳血流状態の把握、パーキンソン病の診断などの検査をおこなっています。マンモグラフィは日本乳がん検診精度管理中央機構認定の設備を備え、認定資格を取得した技師により撮影をおこなっています。検査における画像情報は院内PACSにて一元管理し迅速に診療の要求に応え、個人情報保護に基づく情報管理並びにセキュリティーにおいて万全を期した体制を取っています。

役割と業務

 近い将来、増加すると予想されている呼吸器疾患および神経難病等に対応すべく、より高度な検査設備の充実と各専門分野における学会認定資格を取得した医療スタッフにより、地域住民の皆様の健康を守ることを役割としています。

有痛性骨転移のストロンチウム-89による疼痛治療(ストロンチウム-89内用療法)

 ストロンチウム-89は、骨性疼痛緩和のための放射性医薬品です。疼痛緩和機序としては、腫瘍細胞、造骨細胞や破骨細胞に対し本剤からのβ線による直接的な効果と、その他の間接的効果による相互作用によります。1回の投与で、体内の骨転移部位に広く分布し、治療可能とする特徴を有します。従って、特に放射線治療における外部照射では効率的な治療が困難な多発性骨転移による疼痛緩和に適しています。

健康診断/検診


保有機器


資格・認定

【資格所有者数】
第1種放射線取扱主任者 1名
作業環境測定士 1名
衛生工学衛生管理者 1名
γ線取扱主任者 3名
エックス線取扱主任者 3名

【認定取得者数】
放射線治療品質管理士 1名
放射線治療専門技師 1名
検診マンモグラフィ撮影 4名
肺がんCT検診認定技師 1名
X線CT認定技師 1名


ページトップへ