はじめに « - 独立行政法人国立病院機構 和歌山病院

患者さん向け情報

重症心身障害児(者)医療

はじめに

 当院、重症心身障害児(者)病棟は、平成24年4月より、児童福祉法(18歳未満対象)による「医療型障害児入所支援」と、障害者総合支援法(18歳以上対象)による「療養介護」の新事業体系になりました。
 利用対象は従来通り、重症心身障害児(者)を対象とし、年齢に関係なく児童から成人まで、一貫した療育を提供しています。

 当院の重症心身障害児(者)病棟には、医師・看護師等の他に、生活支援員(児童指導員・保育士・療養介助専門員等)、理学療法士・作業療法士等の職員を配置し、入院児(者)の療育環境の充実を図っています。入院児(者)一人ひとりに応じた個別支援計画書に基づき、心身に重度の障害のある児童および成人の方へ生活の援助を行い、専門の医師による診断に基づいた治療や健康管理の他、症状に応じて理学療法士・作業療法士等による訓練を行っています。

 日中活動支援(療育活動)として、ムーブメント教育・音楽療法の理論に基づき、運動・音楽・感覚あそびやレクリエーション等のグループ活動や個別活動を行っています。
 また、ご家族の方には、療育の実情を理解していただけるよう配慮し、悩みごと、年金や補装具などの各種福祉制度の利用方法等についての相談を行い、一貫した療育体制をとり、入院児(者)の生活の質の向上に努めています。

 在宅で生活されている重症心身障害児(者)の方にも、短期入所(ショートスティ)通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス・生活介護)・巡回による健康診査と福祉相談・療育活動を行っておりますので、併せてご利用ください。


ページトップへ